top of page

【新企画】BEST BODY JAPANに向けて、トレーニーの3ヶ月を密着取材!


皆さん、こんにちは。

これから3ヶ月間、BEST BODY JAPANという

大会に向けてトレーニングをされている26歳のトレーニーに密着します。


この大会は、身体を鍛えることで健康的で美しいボディを手に入れることを目的としています。そこで、今回密着させて頂くトレーニーが3ヶ月間、集中してトレーニングに取り組む様子を密着取材し、その成果を追跡させて頂くことにしました。


大会までの期間、インタビューを行い、

日々のトレーニングの内容や苦労、そして成果についてお話を伺います。

また、インタビューの中で実践されている

効果的なトレーニング方法についても配信していきます。


この企画が皆さんの健康的なライフスタイルの一助となることを願っています。

まずは、今回密着させて頂くトレーニーのご紹介です。



目次





| 今回密着させていただくトレーニーについて




私の名前は中田 健一(ナカタ ケンイチ)と申します。

愛媛県出身の26才です。

現在は東京に住んでおり、職場は神奈川なので約1時間半かけて通っています。


トレーニングを始めたきっかけは、

元々サッカー部に所属しており、高校を卒業してすぐに消防士になったこともあり、

以前から体を動かす事が好きでした。


消防士を離職してから、運動と言えば、

趣味のフットサルに月に数回参加したり、

たまにサーフィンをしたりで、

少しづつ運動から離れてしまっていました。


昔の体の面影は消えてしまい、

徐々に顔に肉がついてきて太ってしまったタイミングで筋トレを再開しました。

本格的に再開したのが(2022年の12月)頃です。


再開して3ヶ月経過した時、徐々に、

昔の筋トレをしていた頃に近しい重量を扱うことができました、

重量は扱えても体は鈍っているので自重トレーニングは圧倒的にキツかったです。


現在の仕事はウェブサイトの制作・営業を行なったり、


スコーンのEC販売をしている会社に勤めております。

将来は、現在やっていることを積み重ね、

社会に爪痕を残せるようなビジネスをし続けていたいです。

また、家族を持って良い家庭を築き、

継続的にかっこいい体でいたいと思っています。



| なんで大会に出場しようと思ったのですか?



SNSを日々ぼーっと見ていると、

体型の変化を30秒程の短い動画で投稿して自身の変化を楽しんでおり、

自信に満ち溢れている人、

トレーニングを初めてたった6ヶ月で大会に出ている人など、

チャレンジし続けている人たちを見て自分もチャレンジしたいと思いました。


また、自分が人前に出てスポットライトを浴びるのが苦手なタイプなので、

その舞台にたったらどのような振る舞いができるのか、

この経験を生かして、営業という仕事にも繋がればいいなと思ったのがきっかけです。


| 大会まで3ヶ月間トレーニングの計画を教えてください




12月〜4月まで、

ジムにてみっちり週6回程の筋トレを続けていました。


ありがたいことに少しづつ仕事が忙しくなってきたので、今は週1回のジムトレ+週6回の家でのトレーニング(20分〜30分)を続けている状況です。


12月から4月までの5ヶ月間で、

体重が68kg→78kgまで10kgの増量に成功した

ので、5月から大会が控えている8月までの間は

減量期に入り、絞れた体を作っていくことにフォーカスします。


今は増量することに主きをおき、

5月からの3ヶ月間で体脂肪率を5%以下にすることを目標としています。


今計画しているのは、

摂取カロリーの調整と、毎日の運動の消費カロリーを定性的にチェックし、

チャレンジと改善を繰り返して人生初めての減量を成功させたいと思っています。


食べる事が好きなので、

どうやって食べ物を我慢しようか、

今苦労しています、、


| 今の体の基礎情報は?


体重:78kg

体のコンディションの変化は?


いままでどれだけ重い重量をあげれるかを追求し無酸素運動のみを行い、

増量にて体重を10kg増やしたので、趣味のフットサルをした時に

とんでもなく走れなくて驚きました、笑


有酸素運動ってこんなに大事なんだと思いました。

しかし、しっかりタンパク質をとることによって、歩く速さは早くなります。


最近の食生活は?


食生活の面では基本、1日3食の食生活のスタイルを守り、

プラスで起床時、就寝前にプロテインを摂取していました。


増量中は好きなものを食べ、大体4000キロカロリー/1日を目安に摂取する、

減量に苦労すると言われている「ダーティーバルク」を行なっていました。


高重量のトレーニングを続けている時は

トレーニング中にEAAを水に溶かして摂取し、

トレーニング後にプロテインを摂取していました。


トレーニング中にEAAを摂取していたのは、

継続して高重量を扱えるようにするためです。


EAAは成分がタンパク質が分解されているアミノ酸群でできている為、


摂取しながら短時間で体に吸収されパワーを持続発揮できる為進んでとっていました。



| ライフスタイル


今のライフスタイルは、

月曜〜土曜は5時半に起床し6時までには家を出て、電車に乗っています。


朝ごはんは食べず、持参して職場に向かい空腹の状態で

駅までの10分間をウォーキングしています。


事務所に着いたら、雑用をこなし終了次第自重トレーニングを行なっています。


プッシュアップバーを持って逆立ちの腕立て伏せ、その後プッシュアップバーを使った

普通の腕立て伏せをして、アブローラーを使った腹筋・背筋・インナーマッスルの

トレーニングを行い、最後にゴムチューブを使い背中・肩の筋肉を刺激していきます。


トレーニングを行い全身の血流が良くなってきたら、

水シャワーを浴びて仕事モードのスイッチを入れます。


ジムでは100kg近くのバーベルでベンチプレスをしていましたが、

逆立ちをした状態だと、78kgの体を支えプッシュアップした上で

腕立て伏せを行なっているので、自重でも十分に胸の付近に熱いものを感じます。


休日はサウナに行って、1週間を振り返っています。


| これからの意気込みを教えてください


これから人生初の減量に入るので、

夏に向けてバキバキの体づくりに向けて食べ物を制限していきます!


大会までの期間トレーニング・食事を管理し、

大会を笑顔で迎えられるよう準備していきます!


| 最後に


プロアバンセ Fitness & Training では、

中田さんのトレーニング方法や食事、健康管理に密着していきます。

これから大会までの3ヶ月で、減量に向けた食事管理や大会を見据えたトレーニング方法についても発信して参りたいと考えています。


普段からadidas / Reebok のトレーニング器具も愛好されているという中田さん、

当ECサイトの器具を使ったトレーニング方法も教えて頂くのて、

プロアバンセ Fitness & Training は食事やワークライフバランスについてはもちろん、

器具を使ったトレーニング方法等も配信していきますので、今後も乞うご期待です。




| プロアバンセ Fitness & Training とは


創業33年、当社はスポーツクラブ、公共施設、プロスポーツチームなどの90施設以上にトレーニングマシンを提供してまいりました。また、adidas / Reebok トレーニング用品の正規総代理店です。家庭用から業務用フィットネス器具のご購入・導入はプロアバンセにお任せください。


また、プロアバンセ Fitness & Training では40代〜60代の、

健康維持を目的にしているトレーニング初心者の方から、

普段のトレーニング習慣をより向上させたい方に向けて、

トレーニングに役立つ情報を発信しています。

ライフスタイルに合わせてトレーニング器具を選ぶ時の

「分からない」や「欲しい」が、プロアバンセ Fitness & Trainingでは揃っている。

そんな、トレーニングライフをサポートするブランドを目指しています。





閲覧数:28回0件のコメント

Comentarios


bottom of page