top of page

体力維持にも役立つストレッチ

ストレッチは、準備運動や運動後のクールダウン時によく行われますが、

ストレッチ自体に体力維持効果があることをご存じでしょうか?


今回はストレッチの種類を始め、ストレッチの効果、体力維持にも役立つストレッチの紹介など、

丁寧に解説していきます。


目次




| ストレッチの種類




静的ストレッチ(スタティックストレッチ)


静的ストレッチとは、自分一人で行い、30秒程度ゆっくりと静かに伸ばすストレッチのことを指します。


基本的にストレッチというと、この静的ストレッチが一般的に想像されます。

学生がスポーツテストで行う長座体前屈などがこの静的ストレッチに分類されます。

運動後のクールダウンにおすすめのストレッチです。


動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)


動的ストレッチとは、自分一人で行い、動きを伴うストレッチのことを指します。


ラジオ体操などがこの動的ストレッチに分類されます。

動いたり歩いたりしながらストレッチを行います。

体を温める効果があるため、運動前のウォーミングアップに最適なストレッチの種類となっています。


バリスティックストレッチ


バリスティックストレッチとは、自分一人で行い、反動を用いるストレッチのことを指します。

立って行うアキレス腱伸ばしなどがこのバリスティックストレッチに分類されます。


パートナーストレッチ

パートナーストレッチとは、自分ともう一人の計二人で、

姿勢を固定して負荷をかけてもらうストレッチのことを指します。


長座体前屈時に背中をパートナーに押してもらう、

座って足の裏を合わせて股関節を伸ばす際にひざをパートナーに押してもらう

などがこのパートナーストレッチに分類されます。


可動域をより伸ばすためのストレッチとして効果的ですが、

一人ではできず、パートナーもある程度技術が必要だったりします。



| ストレッチの効果




柔軟性の向上&ウォーミングアップ効果


ストレッチによって関節や筋肉が伸びると関節の可動域が広がり、筋肉はほぐれ、体が柔らかくなります。


スポーツを行う前には動的ストレッチを行うことで、パフォーマンスの向上も期待できます。

また、スポーツ後の静的ストレッチは柔軟性アップにとても良い効果を発揮します。


肩こり・腰痛・関節痛などの予防・軽減


関節や筋肉は意識的に動かさないと、痛みが生じる場合があります。

ストレッチで意識的に伸ばすことで、痛みを予防したり、やわらげたりする効果が期待できます。


血行促進


ストレッチを行うことで、筋肉の柔軟性が高まり、柔軟性が高まると血流が促進されます。

血流がよくなると、冷え性の改善や老廃物が排出されてむくみの解消、肌にも良い影響があります。




| 体力維持にも役立つおすすめストレッチ紹介



ラジオ体操


動的ストレッチの定番であるラジオ体操がおすすめです。

ラジオ体操の音源はYouTubeなどでも公開されているので、スマホ一つあればいつでもどこでも簡単に行うことができます。

ラジオ体操は全身を使った動的ストレッチがメインなので、体力維持にも役立ちます。


上半身のストレッチ


上半身をまんべんなく伸ばせるストレッチを紹介します。


やり方

①足を肩幅程度に開いて立ち、両腕を頭の上に伸ばし右手で左の手首を掴みます。

②右手で左手を引っ張りながら体を右に倒して20秒キープします。

③左右の手を入れ替えて反対側も同様に行います。

④ ①の状態から上体を前に倒して20秒キープします。

⑤ ①の状態から上体を後ろに倒して20秒キープします。




| おすすめストレッチ器具紹介



adidasトレーニングマット

色:レッド/グレー/ブルー/ブラック サイズ:183cm×61cm×1cm 素材:NBR 重量:1.25㎏ キャリーストラップ付で、肩にかけて持ち運ぶことができます。 10mm厚でクッション性があるので、手や膝などのあたる部分を保護して快適にトレーニングやストレッチができます。 ※商品の仕様・規格・デザイン・カラーは予告なく変更する場合がございます。



adidasレジスタンスバンドセット レガシー(GN/LP/LB)

色:グリーン/レガシーパープル/レガシーブルー サイズ:70cm×7.6cm×0.5cm 素材:ポリエステル 重量:200g 3レベルセットのレジスタンスバンドです。 キャリーバック付きベルトで持ち運びに便利です。 伸縮性に加えて、耐久性のあるポリエステル素材ですので、快適にご使用頂くことができます。 内側には滑り止め加工が施されています。 ※商品の仕様・規格・デザイン・カラーは予告なく変更する場合がございます。


adidasフォームアブローラー


色:ブラック サイズ:直径12.8cm×44cm 素材:ABS樹脂、鉄、EVA、NBR、TPR 重量:900g 最大使用体重:110㎏ フォームアブローラーは強い体幹を鍛えるストレングスに加え、収縮した筋肉を弛緩させ、血流を改善させるリカバリーとしてお使い頂くことができます。 ローラー表面はテクスチャー構造のため、血流を促進します。またローラーは21cmのワイドタイプですので安定感があり、初心者の方でも簡単にお使い頂くことができます。 ※商品の仕様・規格・デザイン・カラーは予告なく変更する場合がございます。




| まとめ


いかがだったでしょうか?


ストレッチには、

  • 動的ストレッチ

  • 静的ストレッチ

  • バリスティックストレッチ

  • パートナーストレッチ


など種類があります。


大きく分けると、動きのある動的ストレッチと同じ姿勢のままゆっくりと伸ばす静的ストレッチの2種類になります。

運動前は動的ストレッチがおすすめで、運動後は静的ストレッチがおすすめとなります。


ストレッチには、柔軟性の向上、血行促進、関節の痛みの予防効果などが期待できて、

体力維持にも役に立つストレッチも紹介したので、ぜひ毎日ストレッチをしてみてください。

きっとあなたの人生の役に立つと思いますよ。


家トレ環境を作りたい方はこちらの記事

プロアバンセ Fitness & Training 公式ECサイトはこちら


| プロアバンセ Fitness & Trainingとは

プロアバンセ Fitness & Training











創業33年、当社はスポーツクラブ、公共施設、プロスポーツチームなどの90施設以上にトレーニングマシンを提供してまいりました。また、adidas / Reebok トレーニング用品の正規総代理店です。家庭用から業務用フィットネス器具のご購入・導入はプロアバンセにお任せください。


また、プロアバンセ Fitness & Training では40代〜60代の、

健康維持を目的にしているトレーニング初心者の方から、

普段のトレーニング習慣をより向上させたい方に向けて、

トレーニングに役立つ情報を発信しています。

ライフスタイルに合わせてトレーニング器具を選ぶ時の

「分からない」や「欲しい」が、プロアバンセ Fitness & Trainingでは揃っている。

そんな、トレーニングライフをサポートするブランドを目指しています。





閲覧数:259回0件のコメント

Kommentare


bottom of page