top of page

なぜ、ふくらはぎの筋肉をつけたほうが良いのか?ふくらはぎは第二の心臓?!

ふくらはぎの筋肉は、運動やスポーツ競技に役立つだけでなく、

日常生活や健康面においても重要な役割を持ちます。

第二の心臓と呼ばれるほど、大切な体の部位なのです。


今回はふくらはぎの筋肉の種類と役割といった基礎知識から

筋肉をつけた方が良い理由や筋トレメニューまで詳しく紹介します。


ぜひ最後までみて日常生活に役立ててください。




目次




| ふくらはぎの筋肉の種類と役割


ふくらはぎの筋肉は「下腿三頭筋(かたいさんとうきん)」といいます。

下腿三頭筋は足首を曲げたり伸ばしたりする動作を補助する筋肉であり

「腓腹筋(ひふくきん)」と「ひらめ筋」の2つの筋肉から構成されています。


腓腹筋は、ふくらはぎの一番盛り上がっている部分の筋肉のことです。

両足にそれぞれ左右2つの筋肉に分かれて構成されていて、

内側部分を内側腓腹筋、外側部分を外側腓腹筋といいます。

ヒラメ筋は、腓腹筋の下層に位置して

ヒラメのような形をしていることからこの名称がつけられました。


腓腹筋は走る・ダッシュ・ジャンプなどの瞬発性が必要な動作、

ヒラメ筋は歩く・直立などのバランスや持久力が必要な動作をサポートします。



| ふくらはぎに筋肉をつけた方が良い理由3選

運動能力の向上

ふくらはぎを鍛えて筋肉をつけることは運動能力向上に役立ちます。

具体的には歩行の安定・ジャンプ力向上・瞬発力の向上など下半身全体の力が強くなり、より大きな力を生み出すことができます。

スポーツにおいてはより高いパフォーマンスを出すこともできますし、引き締まった足にもなります。

血流が改善される

ふくらはぎの筋肉には血流にも大きくかかわっています。

そのためむくみの改善・冷え性改善・血流改善などに加え、

疲労物質が貯まりにくく疲れにくくなったりなどのメリットがあります。


足首が安定する

ふくらはぎは、足首の安定性や土踏まずの形成にも関わっています。

そのため、筋肉を鍛えることで転びにくくなったり、

怪我をしにくくなったりといった恩恵を受けることができます。

偏平足や捻挫予防、転倒予防にも役に立ちます。




| ふくらはぎはなぜ第二の心臓と言われるのか


心臓から送り出される血液は、全身を巡って心臓に戻ります。

その時、下半身に送られた血液は重力に逆らって心臓に戻らなければなりません。

その際に活躍するのがふくらはぎの筋肉です。

ふくらはぎの筋肉が収縮することでポンプのような役割を果たし、

血液を下半身から心臓に向かって押し流してくれるのです。

このことからふくらはぎは第二の心臓と言われます。



| ふくらはぎの筋トレメニュー3選


スタンディングカーフレイズ



立った状態でかかとの上げ下げを行う筋トレで腓腹筋を鍛えます。


1.肩幅に足を開いて立ちます

2.かかとをゆっくりとできるだけ上げます

3.かかとが上がりきったら、ゆっくりと地面ギリギリまでかかとを下げます

4.2と3を繰り返し行います


回数は、10回3セットを目安に行いましょう。

連続で行うのがつらい場合はかかとを地面につけてもOKです。

ふくらはぎを太くしたくない方におすすめの筋トレになります。




<おすすめ器具>

・ダンベル ブラック【12.5Kg】

価格:¥8,000(税込)

重量:12.5㎏

色:ブラック












シーテッドカーフレイズ



座った状態でかかとの上げ下げを行う筋トレでひらめ筋を鍛えます。


1.足を直角に曲げて床につく高さの椅子に座ります

2.背筋を伸ばしたままかかとをゆっくりとできるだけ上げます

3.かかとが上がりきったら、ゆっくりと地面ギリギリまでかかとを下げます

4.2と3を繰り返し行います。


回数は、30回3セットを目安に行いましょう。

バランスボールに座ったり、

ダンベルを膝の上に置くことでより負荷のかかるトレーニングができます。

ふくらはぎを太くたくましくしたい方におすすめの筋トレになります。






<おすすめ器具>

・adidasジムボールグレー

価格: ¥3,960(税込)

サイズ:直径55cm/直径65cm

重量:1.1㎏ 最大使用体重:約110㎏

色:グレー










アンクルポップ




アキレス腱を使ってジャンプを繰り返し、ひらめ筋を鍛えます。


1.足を少し開いて立ちます

2.つま先立ちになり、肘を軽く曲げます

3.膝を曲げずに足首と腕の反動を使ってジャンプします

4.つま先だけで着地します

5.2~4を繰り返し行います


回数は、10回を目安に行いましょう。

足首に負担のかかる筋トレなので、

準備運動をしっかりと行いましょう。








<おすすめ器具>

・レジスタンスバンド

価格:¥2,100 (税抜) / ¥2,310(税込)

色:ライトグリーン












| まとめ


ふくらはぎの筋肉は「下腿三頭筋(かたいさんとうきん)」といって

「腓腹筋(ひふくきん)」と「ひらめ筋」の2つに分かれています。

筋肉をつけることで、運動能力の向上、血流改善、足首の安定などに繋がります。

下半身に流れた血液を心臓に戻すときにふくらはぎの筋肉がつかわれるため、

第二の心臓と呼ばれるくらい重要な筋肉です。

ぜひこの機会に紹介したトレーニングを実践して

ふくらはぎの筋肉をつけてみてはいかがでしょうか?



プロアバンセフィットネスとは


創業33年、当社はスポーツクラブ、公共施設、プロスポーツチームなどの90施設以上にトレーニングマシンを提供してまいりました。また、adidas / Reebok トレーニング用品の正規総代理店です。家庭用から業務用フィットネス器具のご購入・導入はプロアバンセにお任せください。


また、プロアバンセ Fitness & Training では40代〜60代の、

健康維持を目的にしているトレーニング初心者の方から、

普段のトレーニング習慣をより向上させたい方に向けて、

トレーニングに役立つ情報を発信しています。

ライフスタイルに合わせてトレーニング器具を選ぶ時の

「分からない」や「欲しい」が、プロアバンセ Fitness & Trainingでは揃っている。

そんな、トレーニングライフをサポートするブランドを目指しています。




閲覧数:1,024回0件のコメント

Comments


bottom of page